WS-2 本体アップデートプログラム

対象機種・動作環境をご確認ください。ソフトウェアによっては制限や注意事項などがあります。
ご利用の前によくお読みください。

ソフト紹介 本ソフトウェアはWeather Station用ネットワークサーバ WS-2用の本体内蔵ソフトウェア(スクリプト/ファームウエア)のアップデートプログラムです。
下記ソフトウェアを含みます。
・本体内蔵ソフトウェア:スクリプト ver 1.06
・本体内蔵ソフトウェア:ファームウェア ver 2.20
対象機種 WS-2
バージョン 1.06a (2012年2月10日)
ファイル名 app_ws2script-106a-jpn.exe
ファイル容量 3.62 MB
動作環境 対応OS: *1
Microsoft Windows 8 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 7 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows Vista 32bit (SP1以降) 日本語版
その他:
特記事項なし
著作権者 株式会社ティアンドデイ
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁じます。
*1: インストール時、Administrator (パソコンの管理者) の権限が必要になります。
  • アップデートするWS-2と、アップデートプログラムを実行するパソコンは、同一のローカルネットワーク上に接続されている必要があります。ルーター等で外部ネットワーク(インターネット上など)に接続されているWS-2に対しては、本プログラムを実行しても正常にアップデートされません。
  • アップデートプログラムの動作対象OSを必ずご確認ください。動作対象OS以外の環境では動作しませんのでご注意ください。
  • アップデート実行中は、WS-2の設定変更などの操作は行わないでください。
  • アップデート実行中は、絶対にWS-2の電源をOFFにしないでください。アップデート実行中に電源をOFFにしてしまった場合、WS-2が正常に起動しなくなる恐れがあります。
  • アップデート実行中にエラーが発生した場合は、時間を置いてから何度かリトライしてください。何度リトライしてもエラーとなってしまう場合は、本プログラムが実行されていない事を確認してから一旦WS-2の再起動を行ってください。
  • 無線LANを使用している環境でアップデートに失敗してしまう場合は、有線LANに切り替えてから再度アップデートをお試しください。
本文中の[XXX]の部分は、ソフトウェアのバージョン名に対応した数字が入ります。アップデート対象のバージョンに読みかえてお読みください。
WS-2 for Windowsのダウンロードとインストール
  1. WS-2 for Windowsのダウンロードを行って頂き、ダウンロードされた[app_ws2win-xxx-jpn.exe]をダブルクリックしてください。
  2. 指示に従ってWS-2 for Windowsのインストールを行ってください。
  3. インストール完了後、必要に応じて本体内蔵ソフトウェアのアップデートを続けて行って下さい。(※本体内蔵ソフトウェアのアップデートについては、バージョンアップのサポート情報に従ってください)
本体内蔵ソフトウェア:スクリプトのダウンロードとアップデート
  1. WS-2本体アップデートプログラムのダウンロードを行って頂き、ダウンロードされた[app_ws2script-xxx-jpn.exe]をダブルクリックしてください。
  2. ダウンロードファイルが自己解凍され、自動的に[WS-2 本体Update (20xx/xx)]の画面が表示されます。赤枠で示している部分の各テキストボックスに必要事項を入力してください。
    [アドレス]--------アップデートするWS-2のアドレス(IPアドレスやホスト名)を入力します。
    [ログインID]-----設定されている管理者ログインIDを入力します。
    [パスワード]------設定されているログインパスワードを入力します。
  3. 入力された内容を再度ご確認頂き、よろしかったら[スクリプト・アップデート]ボタンをクリックして下さい。
  4. [スクリプト・アップデートが終了しました]とメッセージが表示されましたらアップデートは完了です。
  5. 続けてファームウェアのアップデートを行う場合は[ファーム・アップデート]ボタンをクリックして下さい。
  6. [ファーム・アップデートが終了しました]とメッセージが表示されましたらアップデートは完了です。
本体内蔵ソフトウェア:ファームウェアのダウンロードとアップデート
  1. 上記のスクリプトの場合と同様にWS-2本体アップデートプログラムのダウンロードを行って頂き、ダウンロードされた[app_ws2script-xxx-jpn.exe]をダブルクリックして[アドレス][ログインID][パスワード]を入力してください。
  2. 入力された内容を再度ご確認頂き、よろしかったら[ファーム・アップデート]ボタンをクリックして下さい。
  3. [ファーム・アップデートが終了しました]とメッセージが表示されましたらアップデートは完了です。
  4. 続けてスクリプトのアップデートを行う場合は[スクリプト・アップデート]ボタンをクリックして下さい。
  5. [スクリプト・アップデートが終了しました]とメッセージが表示されましたらアップデートは完了です。
本体内蔵ソフトウェアのアップデート時の注意について
  • ファームウェアの場合は約1~2分程度で、スクリプトも約1~2分程度で終了します。
  • 自動的に指定されたWS-2に対してアップデートを実行します。
  • アップデート実行中はWS-2の設定変更を行わないでください。また、Vantage Pro/Pro2のコンソールは接続しないでください。
  • アップデート実行中は、WS-2の電源をOFFにしないでください。WS-2が正常に起動しなくなる恐れがあります。
  • Windows XP SP2以降での環境でご使用になられているお客様は、以下の[Windowsセキュリティの重要な警告]ダイアログが表示される場合がありますが、[ブロックを解除する(U)]ボタンをクリックしてWindowsファイアウォールのブロックを解除して下さい。
アップデートが途中で止まってしまったら?
  1. アップデートが途中で止まってしまい、5分以上アップデートプログラムが進行しない場合は、一旦アップデートプログラム[WS-2 本体Update (20xx/xx)]の[閉じる]ボタンあるいはウィンドウ右上の[X]ボタンをクリックして、プログラムを終了させて下さい。
  2. ダウンロードされた[app_ws2script-xxx-jpn.exe]をダブルクリックしてください。[WS-2 本体Update (20xx/xx)]の画面が表示されますので、手順に従いもう一度アップデートを行って下さい。
  3. 再度アップデートプログラムを実行しても、正常にアップデートできない場合は、大変お手数をお掛け致しますが、弊社サポート/サービスまでお問い合わせ下さい。
Ver. 2.20 ファームウェア (2012年02月10日)
  • 添付ファイル付きのEメールに関して、添付ファイルがメールソフトによって保存できない場合がある問題に対応しました。
Ver. 1.06 スクリプト (2011年07月14日)
  • 管理メニューの「本機の設定」において、装置名称の設定が正常に反映されなくなっていた問題を修正しました。
Ver. 1.05 スクリプト (2010年09月14日)
  • メール送信において、特定のメールサーバでエラーとなる問題を修正しました。(Bare LF対応)
  • WeatherDisplayLiveの画面が更新されなくなる場合があったものを修正しました。
  • 風速の警報、雨量の計測に問題があったものを修正しました。