T&D Data Server

対象機種・動作環境をご確認ください。ソフトウェアによっては制限や注意事項などがあります。
ご利用の前によくお読みください。

ソフト紹介 TR-7wf/nwシリーズに対応した、サーバアプリケーションです。
クラウドサービス「おんどとり Web Storage」を使わない場合は、本ソフトウェアの使用をご検討ください。
本ソフトウェアをWindowsパソコンにインストールすると、そのパソコンをサーバとして、指定したフォルダにTR-7wf/nwシリーズから受信した記録データを保存することができます。
また、TR-7wf/nwシリーズの現在値をWebブラウザでモニタリングできます。
対象機種 TR-7wf/nwシリーズ
バージョン 2.03 (2016年10月14日)
ファイル名 app_tdserver-203-jpn.exe
ファイル容量 16.9 MB
動作環境 対応OS: *1
Microsoft Windows 10 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 8 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 7 32/64bit 日本語版
その他:
.NET Framework 3.5 SP1 必須
著作権者 株式会社ティアンドデイ
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁じます。
*1: インストール時、Administrator (パソコンの管理者) の権限が必要になります。
本ソフトウェアでTR-71wf/72wfを使用する場合、TR-71wf/72wfの本体ファームウェアがVer. 1.05以降である必要があります。詳細はTR-7wfシリーズ本体ファームウェアのアップデートプログラムに関するページをご覧ください。
Ver. 2.03 (2016年10月14日)
  • Webブラウザの現在値グラフ画面で更新ボタンを押すと、グラフのCh.1に31、Ch.2に32という値が表示される問題を修正しました。
Ver. 2.02 (2016年05月13日)
  • 全ての記録データを指定した同一フォルダに保存できるよう修正しました。
  • ルータ経由でデータを受信した場合に、通信の終了を正しく行えるよう修正しました。
  • Webブラウザでモニタリングする際、メモリリークが起こらないよう修正しました。
  • T&D Data Serverの初回導入時にデータベースが正しく作成されるよう修正しました。
Ver. 2.01 (2016年03月09日)
  • 記録データの保存先フォルダ名に2バイト文字を使用した場合も、正しいフォルダにデータが書き込まれるようにしました。
  • 記録データの結合が確実にできるよう修正しました。
Ver. 2.00 (2016年02月26日)
  • TR-71wf、TR-72wf、TR-71nw、TR-72nwの現在値をWebブラウザでモニタリングできるようにしました。
Ver. 1.01 (2015年03月24日)
  • 記録データファイルに誤ったシリアル番号が保存される不具合を修正しました。
Ver. 1.00 (2015年03月19日)
  • 初期リリース