RTR-5W 本体アップデートプログラム

対象機種・動作環境をご確認ください。ソフトウェアによっては制限や注意事項などがあります。
ご利用の前によくお読みください。

ソフト紹介 本ソフトウェアは、ネットワーク接続対応無線通信ステーション RTR-5W用の本体内蔵ソフトウェア (スクリプト/ファームウエア) のアップデートプログラムです。
下記ソフトウェアを含みます。
・本体内蔵ソフトウェア:スクリプト ver 1.80
・本体内蔵ソフトウェア:ファームウェア ver 2.20
対象機種 RTR-5W
バージョン 1.80 (2012年2月10日)
ファイル名 app_rtr5wscript-180-jp.exe
ファイル容量 3.91 MB
動作環境 対応OS: *1
Microsoft Windows 10 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 8 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 7 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows Vista 32bit (SP1以降) 日本語版
その他:
特記事項なし
著作権者 株式会社ティアンドデイ
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁じます。
*1: インストール時、Administrator (パソコンの管理者) の権限が必要になります。
  • RTR-5W for Windowsならびに本体内蔵ソフトウェア(スクリプト/ファームウェア)のバージョンが動作環境と異なると正常に動作しません。バージョンアップ情報を確認頂き、正常な動作環境となるよう各ソフトウェアのアップデートを行ってください。
  • ファームウェアの場合は約1~2分程度で、スクリプトも約1~2分程度で終了します。
  • 自動的に指定されたRTR-5Wに対してアップデートを実行します。
  • アップデート実行中はRTR-5Wの設定変更を行わないでください。
  • アップデート実行中は、RTR-5Wの電源をOFFにしないでください。RTR-5Wが正常に起動しなくなる恐れがあります。
  • Windows XP SP2以降での環境でご使用の場合は、以下の[Windowsセキュリティの重要な警告]ダイアログが表示される場合がありますが、[ブロックを解除する(U)]ボタンをクリックしてWindowsファイアウォールのブロックを解除してください。
アップデートが途中で止まってしまったら?
アップデートプログラム「RTR-5W Script Update ver x.xx (20xx/xx)」が自動的に起動しなかった場合は、解凍先のフォルダ内にある「FirmScriptUD.exe」をダブルクリックして実行してください。

再度アップデートプログラムを実行しても正常にアップデートできない場合は、弊社営業部までお問い合わせください。
Ver. 2.20 ファームウェア (2012年02月10日)
  • 添付ファイル付きのEメールに関して、添付ファイルがメールソフトによって保存できない場合がある問題に対応しました。
Ver. 1.80 スクリプト (2012年02月10日)
  • 子機台数がおよそ40台以上登録されている場合、中継機経由での通信に失敗する場合がある問題に対応しました。
Ver. 1.74 スクリプト (2010年12月03日)
  • 警報が同時に多数(おおよそ子機15台以上)発生した際にメール送信に失敗する場合があった問題に対応しました。
Ver. 1.73 スクリプト (2010年09月29日)
  • データコレクタ(TR-57U,RTR-57U,TR-57C,RTR-57C 等)から記録スタートを行った子機に対して、RTR-5Wにて吸い上げメール送信機能でデータを吸い上げた場合、時刻が1970年1月1日となる場合があった問題に対応しました。
Ver. 1.72 スクリプト (2010年03月16日)
  • 市販ウイルス対策ソフトウェア「ウィルスバスター」にて一部HTTP通信が削除され通信エラーが発生する現象に対応しました。
Ver. 2.10 ファームウェア (2010年03月01日)
  • 無線LANカードを利用して運用した場合、警報メールの送信後にRTR-5Wが動作しなくなる場合があり、この現象を修正しました。
Ver. 1.71 スクリプト (2010年02月06日)
  • 一部メールサーバにおいてバッテリ残量警告メールの送信に失敗する問題を改善するため、改行コードを「LF」のみから「CRLF」へ変更しました。
  • 中継機を使用されている一部環境下において、データ数が多いときにメモリオーバのためデータメール送信に失敗する現象を改善しました。
Ver. 2.00 ファームウェア (2008年09月24日)
  • SMTP認証に対応しました。
Ver. 1.70 スクリプト (2008年07月08日)
  • 電池残量警告メールを送信できる機能を追加しました。
  • 自動吸い上げ・警報のログを自動でテキスト形式保存する機能を追加しました。
  • 電話回線使用の環境において、5W起動時にプロバイダに電話をかけ、SNTPサーバと時刻同期する機能を追加しました。(1.60)
Ver. 1.50 スクリプト (2007年11月13日)
  • RTR-50を中継機に使用した場合の、無線通信性能の向上を目的とした修正を行いました。
  • 吸い上げたデータをメール送信する機能を追加しました。
  • Windows Vista環境にて中継機を利用する場合のUSB利用が可能になりました。
Ver. 1.11 ファームウェア (2007年06月26日)
  • 無線LAN接続した際、無線LANローミングでまれに接続が途切れてしまう問題を改善しました。
Ver. 1.40 スクリプト (2007年05月30日)
  • RTR-50を中継機として利用できるようになりました。
  • RTR-52Ptに対応しました。
Ver. 1.23 スクリプト (2006年12月13日)
  • ブラウザのグラフ表示についてRVR-52の入力電圧が低いときの最小レンジを1Vから0.01V(10mV範囲)に変更しました。
Ver. 1.10 ファームウェア (2006年10月09日)
  • SMTPでのメール送信が正常に行えない場合がある問題を改善しました。
  • 無線LANのローミング環境へ対応しました。
Ver. 1.21 スクリプト (2006年07月21日)
  • FOMA CF通信カードを連続動作させると、カードがハングアップする問題に対応するためカードの電源を定期的にON/OFFする処理を追加しました。
Ver. 1.08 ファームウェア (2006年03月27日)
  • FOMA P2402に対応しました。
Ver. 1.20 スクリプト (2006年03月02日)
  • POP before SMTP仕様のメールサーバーに対応致しました。
  • 警報メールの送信に、ダイヤルアップ回線が使用可能となりました。(AirH,FOMAにて対応可能)
  • パソコン側からのダイヤルアップで、RTR-5Wが着信を受けるということが可能となりました。(AirH,FOMAにて対応可能)
Ver. 1.07 ファームウェア (2005年10月03日)
  • POP before SMTP仕様のメールサーバーに対応しました。
  • 使用できるCFタイプ無線LANカードに以下の製品が追加されました。
    プラネックスコミュニケーションズ社製GW-CF11X
    アイ・オー・データ機器社製WN-B11/CFZ