RTR-50 for Windows

対象機種・動作環境をご確認ください。ソフトウェアによっては制限や注意事項などがあります。
ご利用の前によくお読みください。

ソフト紹介 RTR-50 for Windowsは、RTR-5シリーズの記録設定や、データの収集、記録したデータのグラフ化、表作成、ファイル化、印刷等の処理が簡単に行えるソフトウェアです。RTR-5シリーズとRTR-50間を特定小電力無線で通信を行う場合の子機登録、動作設定ができます。また、RTR-50を中継機として使用する場合の中継機登録、動作設定もできます。
対象機種 RTR-51A/52A/53A,RTR-52Pt,RVR-52 , RTR-50
RTR-501, RTR-502, RTR-503, RTR-500C
バージョン 1.51 (2013年5月15日)
ファイル名 app_rtr50win-151-jpn.exe
ファイル容量 40.7 MB
動作環境 対応OS: *1
Microsoft Windows 10 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 8 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 7 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows Vista 32bit (SP1以降) 日本語版
その他:
特記事項なし
著作権者 株式会社ティアンドデイ
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁じます。
*1: インストール時、Administrator (パソコンの管理者) の権限が必要になります。
Ver. 1.51 (2013年05月15日)
  • Microsoft Windows 8 32/64bit版に対応しました。
Ver. 1.50 (2012年01月20日)
  • RTR-501/502/503、RTR-500Cに対応しました。
Ver. 1.42 (2010年07月05日)
  • Microsoft Windows 7 64bit版に対応しました。(2010/09/09)
  • 無線通信テストをした中継機の電波強度表示の精度を向上させました。
  • 無線通信テストをした場合、子機、中継機の電波強度がある一定の数値になった場合、通信が成功している場合にも、!マークを表示してしまう問題を修正しました。
  • モニタリングのCSVファイル保存時にあらかじめ指定したDriveが存在しない場合(ネットワーク等)ソフトウェアが強制終了してしまう(Runtime Errorと表示される)問題を修正しました。