RTR-500DC ファームウェア アップデートプログラム

対象機種・動作環境をご確認ください。ソフトウェアによっては制限や注意事項などがあります。
ご利用の前によくお読みください。

ソフト紹介 本ソフトウェアはRTR-500DC ポータブルデータコレクタ 本体ファームウェアのアップデートプログラムです。
対象機種 RTR-500DC
バージョン 1.6 (2013年10月31日)
ファイル名 app_rtr500dc-firm-16-jpn.exe
ファイル容量 4.03 MB
動作環境 対応OS: *1
Microsoft Windows 10 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 8 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 7 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows Vista 32bit (SP1以降) 日本語版
その他:
特記事項なし
著作権者 株式会社ティアンドデイ
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁じます。
*1: インストール時、Administrator (パソコンの管理者) の権限が必要になります。
確認したいRTR-500DCをパソコンにUSBケーブルにて接続し、「RTR-500DC 設定ユーティリティ」を実行後に「親機設定メニュー」→「バージョン」で確認できます。
  1. RTR-500DC ファームウェア アップデートを実行するPCに、USBケーブルにて本体ファームウェアをアップデートしたいRTR-500DCを接続します。
  2. ダウンロードしたRTR-500DC ファームウェア アップデートプログラムを実行します。
  3. 画面指示に従って、本体ファームウェアのアップデートを実行します。
本体ファームウェアのアップデートを実行するためには、RTR-500DCとアップデートプログラムを実行するPCとUSBケーブルにて接続する必要があります。
またUSBケーブルにてPCに接続する前に、PCにUSBデバイスドライバがインストールされている必要がありますのでご注意ください。
(RTR-500DC for Windowsのインストールにより、USBドライバはインストールされます)
Ver. 1.6 (2013年10月31日)
  • 無線記録スタート時に、記録間隔と記録モードを設定できるように変更しました。
  • 光通信・シリアル通信での記録スタート時に、記録間隔と記録モードを設定できるように変更しました。
Ver. 1.4 (2012年07月19日)
  • RTR-507に対応しました。
  • RTR-576に対応しました。(2012/09/27 追記)