RF for Windows

対象機種・動作環境をご確認ください。ソフトウェアによっては制限や注意事項などがあります。
ご利用の前によくお読みください。

ソフト紹介 【有償ソフト】
本体の記録設定や、記録されたデータのグラフ化・表作成といった処理を簡単に行うことができます。
対象機種 RF-3
バージョン 2.07 (2015年11月6日)
ファイル名 app_rfwin_207_jpn.exe
ファイル容量 4.19 MB
動作環境 対応OS: *1
Microsoft Windows 10 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 8 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 7 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows Vista 32bit (SP1以降) 日本語版
その他:
特記事項なし
著作権者 株式会社ティアンドデイ
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁じます。
*1: インストール時、Administrator (パソコンの管理者) の権限が必要になります。
バージョンアップを行う場合には、一度古いバージョンをアンインストール後に新しいバージョンのプログラムをインストールして下さい。
Ver. 2.07 (2015年11月06日)
  • Microsoft Windows 10 32/64bit版に対応しました。
Ver. 2.06
  • 記録を開始した日付が31日だった場合、グラフ表示・データ一覧表示にて1ヶ月を指定した際に最初の1ヶ月分のデータが表示されない問題に対応しました。
Ver. 2.05
  • [本体状態設定]画面の[雨量リセット値]の表記を変更しました。
Ver. 2.04
  • グラフ印刷時に2ページ目の「日付/時間」の表示部の1列目・最終段の数値が印刷されない(1データ抜ける)事への修正をしました。
Ver. 2.03
  • テキストファイル作成時に「グラフ保存範囲を指定」で保存を行った場合、保存されたファイルで雨量表示の対象時間がずれる場合がある事への修正をしました。
Ver. 2.02
  • Windows95/98/Me利用時、10分間のデータを一覧表示した場合、RF-3は、57600件のデータを記録できるが、データ件数が32736件以上の場合、リストボックスに全データが表示できないことへの修正をしました。
Ver. 2.01
  • データ吸い上げ直後に"不正な処理が・・・"で強制終了する事への修正をしました。
Ver. 2.00
  • 初期リリース