現在値モニタ

対象機種・動作環境をご確認ください。ソフトウェアによっては制限や注意事項などがあります。
ご利用の前によくお読みください。

ソフト紹介 現在値モニタは、データロガーが測定した現在値データの一覧表示またはグラフ表示をするソフトウェアです。
ソフトウェア起動中は一定の間隔で現在値データを取得し、表示を更新します。
TR-700Wシリーズを利用する場合は、記録データの自動吸い上げツールとしてもご活用いただけます。
対象機種 RTR-500NW/AW , TR-700Wシリーズ
RTR-500NW/AW(RTR-601のデータは表示できません。)
バージョン 1.29 (2016年7月1日)
ファイル名 app_currentmonitor-129-all-all-.exe
ファイル容量 74.7 MB
動作環境 対応OS: *1
Microsoft Windows 10 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 8 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows 7 32/64bit 日本語版
Microsoft Windows Vista 32bit (SP1以降) 日本語版
その他:
.NET Framework 4 必須
著作権者 株式会社ティアンドデイ
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁じます。
*1: インストール時、Administrator (パソコンの管理者) の権限が必要になります。
Ver. 1.29 (2016年07月01日)
  • 子機RTR-505, RTR-576, RTR-601の登録情報のサイズが4096バイトを超える場合に異常終了しないよう修正しました。
Ver. 1.28 (2015年10月21日)
  • Microsoft Windows 10 32/64bit版に対応しました。
Ver. 1.27 (2015年06月30日)
  • [CSV形式で保存]した際に、選択中の機器とは異なる機器のデータでCSVファイルを作成してしまう不具合を修正しました。
Ver. 1.26 (2014年07月18日)
  • [固定アドレスのTR-700Wを追加]で、TR-700Wシリーズの記録データ取得設定をすると、毎回新しいファイル名で記録データのファイルを作成する不具合を修正 しました。
  • 子機RTR-576利用時、現在値初回取得の際に、アプリケーションが異常終了する不具合を修正しました。
  • 子機RTR-576利用時、センサーエラーの際に、間違った値を表示していた不具合を修正しました。
  • その他細かい不具合を修正しました。
Ver. 1.25 (2014年03月05日)
  • 最小化してアプリケーションを終了した際、アプリケーションの起動に失敗する不具合を修正しました。
  • データファイルが破損した際、アプリケーションがフリーズする不具合を修正しました。
Ver. 1.24 (2013年12月18日)
  • データのない空の機器が登録されることがある不具合を修正しました。
  • その他細かい不具合を修正しました。
Ver. 1.23 (2013年11月22日)
  • TR-700Wシリーズのモニタリンググラフ画面で、機器に設定された上限値・下限値が表示に反映されない不具合を修正しました。
  • アプリケーションの表示に関する不具合を修正しました。
Ver. 1.22 (2013年08月07日)
  • モニタリンググラフ画面の表示に関する不具合を修正しました。
  • 表示グループを追加する際、アプリケーションが異常終了する不具合を修正しました。
Ver. 1.21 (2013年05月09日)
  • 例外エラーの発生原因について対応し、より安定して稼働するようになりました。
Ver. 1.20 (2013年01月22日)
  • TR-700Wに対応しました。
Ver. 1.11 (2012年09月27日)
  • RTR-576に対応しました。
  • RTR-505-Pの現在値モニタを行っている場合に、アプリケーションがエラーを出力して正常動作しなくなる問題に対応しました。
Ver. 1.10 (2012年07月19日)
  • RTR-507に対応しました。
Ver. 1.02 (2012年05月09日)
  • ソフトウェア起動時に、例外エラーが発生する場合があった問題に対応しました。
  • グラフ表示の際、RTR-505-Pの積算値をグラフ化しないように変更しました。(数値は表示されます)
Ver. 1.01 (2012年01月20日)
  • 初期リリース