RTR-5シリーズ / RTR-500シリーズの互換性情報

RTR-5シリーズとRTR-500シリーズにはそれぞれの子機・親機について互換性があり、混在して利用することが可能です。
ただし完全互換では無く、いくつかの制限などがございます。
下記の情報をご確認の上でご利用ください。

RTR-5シリーズ / RTR-500シリーズの互換表

RTR-501/502/503はRTR-5シリーズ親機(RTR-57U/RTR-50/RTR-5W)でもお使いになれます。 ただしこの場合、無線通信の性能・電池寿命はRTR-5シリーズと同等になります。 注)RTR-505 / 507 / 574 / 576 はRTR-5シリーズ親機ではお使いになれません。

RTR-500C/RTR-500DCはRTR-5シリーズ子機 (RTR-51A/52A/53A/52Pt/RVR-52) をお使いになれます。 注)RTR-500NW/500AW/500MBS(A)ではお使いになれません。

詳しくは下記の表にてご確認ください。 表中の記号については、「 :利用できます、:利用できません」として参照下さい。

  親機
RTR-500DC RTR-500C RTR-500NW
RTR-500AW
RTR-500MBS(A)
RTR-57U RTR-50 RTR-5W
子機 RTR-501
RTR-502
RTR-503

(*2)

(*4)

(*6)
RTR-505
RTR-507
RTR-574
RTR-576
RTR-5
シリーズ
子機(*1)

(*3)

(*4)(*5)
中継機 RTR-500C
(*4)

(*6)
RTR-50
(*4)(*5)
(*1) RTR-51A/52A/53A/52Pt、RVR-52、RTR-51/52/53 (※各Lタイプ含む)
(*2) T&D Recorder for Windows Ver.2.70以上を利用する必要があります。
(*3) RTR-500DCを「RTR-57モード」に変更して使用する必要があります。
(*4) RTR-50 for Windows Ver.1.50以上を利用する必要があります。
(*5) RTR-500CはRTR-50として動作します。
(*6) RTR-5W for Windows Ver.1.80以上を利用する必要があります。

RTR-5シリーズとRTR-500シリーズを混在させて利用するための手順について

RTR-5シリーズと、RTR-500シリーズを混在させて利用する場合、いくつかの手順が必要な場合があります。下記の表を確認いただき、必要な作業を行ってください。

表中の記号については、「:作業不要、:対応する作業が必要、:組合せ不可」として参照下さい。

  親機
RTR-500DC RTR-500C RTR-500NW
RTR-500AW
RTR-500MBS(A)
RTR-57U RTR-50 RTR-5W
子機 RTR-501
RTR-502
RTR-503

手順1
RTR-505
RTR-507
RTR-574
RTR-576
RTR-5
シリーズ
子機(*1)

手順2

手順3
中継機 RTR-500C
手順3
RTR-50
手順3
(*1) RTR-51A/52A/53A/52Pt、RVR-52、RTR-51/52/53(※各Lタイプ含む)

作業手順その1


この作業が必要なのは、RTR-501/502/503を、RTR-5シリーズの親機で利用する場合に必要な手順です。

RTR-5シリーズをご利用中のお客様で、RTR-51A/52A/53Aの代わりにRTR-501/502/503をご購入された場合などはこの手順をご確認いただく必要があります。

【制約事項】
RTR-5シリーズの親機でRTR-501/502/503を利用した場合、RTR-51A/52A/53A 同等の性能(RTR-5モード)で動作します。(無線通信距離、無線通信時間、電池寿命等)

1. 対応バージョンのソフトウェアのダウンロード

利用する親機に対応するソフトウェアは下記バージョンを満たす必要があります。必要に応じて最新版のソフトウェアをダウンロードしてください。

RTR-5W:RTR-5W for Windows Ver. 1.80 以降
RTR-50:RTR-50 for Windows Ver. 1.50 以降
RTR-57U:T&D Recorder for Windows Ver. 2.70 以降

2. 対応バージョンのソフトウェアのインストール

現在ご利用中の上記対象ソフトウェアを、ダウンロードした最新版のものにアップデートしてください。

3.子機登録

RTR-501/502/503 を子機登録します。
上記ソフトウェア上にRTR-501/502/503 のアイコン、項目名はありません。RTR-51A/52A/53A に読み替えて操作してください。

作業手順その2

この作業が必要なのは、RTR-500DCを、RTR-57Uとして利用する場合に必要な手順です。
RTR-5シリーズをご利用中のお客様で、RTR-57Uの代わりにRTR-500DCをご購入された場合などはこの手順をご確認いただく必要があります。

詳しい作業手順については、"RTR-500DC をRTR-57U としてお使いになるには"をお読みください。

作業手順その3

この作業が必要なのは、RTR-500Cを、RTR-50として利用する場合に必要な手順です。 RTR-5シリーズをご利用中のお客様で、RTR-50の代わりにRTR-500Cをご購入された場合などはこの手順をご確認いただく必要があります。 詳しい作業手順については、"RTR-500C をRTR-50 モードで使用する場合"をお読みください。