使用事例

中部国際空港旅客サービス様

中部国際空港旅客サービス様

銘品館・おみやげ館にてワイヤレス温度管理システムを導入!

中部国際空港セントレアの銘品館・おみやげ館を運営管理されている中部国際空港旅客サービス株式会社様は、ヒューマンエラーを防止することと、より高いレベルでの温度管理を実施することを目的として、ワイヤレスデータロガーRTR-500シリーズを導入されました。

導入前の課題

2012年5月のシステム導入以前は、冷蔵・冷凍庫メーカーのマイコン制御による庫内温度管理により、定期的に温度を目視して温度管理表に手書きで記入されていました。一定時間ごとに予め設定された適正温度との差異をチェックし、常に最適な状態で商品を保管し、食の安全を確保した上で、お客様に商品を提供されていました。

しかし、店舗のオープンからクローズまでの間、3時間ごとに温度を目視チェックして管理表に手書きする方法では、記録は紙ベースで保管され、デジタルデータとしての保管ができないことがデメリットでした。

RTR-500シリーズを導入

導入したRTR-500シリーズは、温度変化を的確に捉えるセンサ外付けの子機(RTR-502L)と、記録データを無線通信で収集する親機(RTR-500NW)とで構成し、一部通信状態が不安定な場所に中継機(RTR-500C)を配置しました。常設場所以外の臨時催事に対する温度管理のデータ収集用(臨時の親機)としてポータブルデータコレクタ(RTR-500DC)を利用しました。また子機には、バッテリ交換の手間を省くために大容量のバッテリを搭載したモデル(Lタイプ)を使用しています。

→ 導入機種(RTR-500シリーズ)の詳細はこちら

導入機種

RTR-500シリーズ
RTR-502/502L

RTR-502L

RTR-500C

RTR-500C

RTR-500NW/AW

RTR-500NW

RTR-500DC

RTR-500DC

改善イメージ

case_01_3.jpg

中部国際空港(セントレア)銘品館・おみやげ館のロケーション、また期間限定の催事コーナーやフロアのレイアウト変更等に柔軟に対応できるようワイヤレスでのシステム導入としました。商品周りの温度が予め設定した範囲を超えた場合は、店舗内に設置した警告灯が点灯するしくみになっています。スタッフの方々は該当箇所をチェックし、原因を確認するとともに迅速に対処することで、商品の安全を保つことができます。また、24時間365日体制で計測した温度情報をデジタル記録し、一定間隔ごとの計測データを時系列で記録・保管および分析することができます。

主な設置場所

東海地区を中心に、全国から選りすぐられた和菓子、洋菓子、名産品を品揃えした銘品館のショーケースの中にデータロガー「おんどとり」を設置して、冷蔵ショーケース内の温度管理をデジタル化します。また、銘品館とは少し離れたおみやげ館にも「おんどとり」を設置して、漬物、ドリンクやアイスクリーム等の温度をデジタルデータとして記録・管理します。

ショーケース

温度データロガー「おんどとり」 RTR-502L(大容量バッテリタイプ)をショーケース内に設置し、銘品館内に設置したデータ収集機RTR-500NW(ネットワークベースステーション)と無線通信して計測データを送信します。

設置したデータロガーは、オプションのショートタイプのフッ素樹脂被覆センサを接続し、庫内でスッキリと収まるようにしています。本体前面のディスプレイにデジタル表示されている温度も随時目視することができます。商品を購入するお客様からも良く見えるので、商品の保管状態が確認できて安心です。

case_01_4.jpg

催事スペースに利用する移動式の冷蔵ケース

移動式の冷蔵ケース内における温度管理もワイヤレスなので、簡単に設置して管理することができます。対象のケース内にデータロガーを設置することで、特定小電力無線によるワイヤレス通信が確立され、一定時間ごとの計測データが収集されます。また、コンセントの抜けや急なトラブルによる温度上昇等にも、予め設定された温度範囲を逸脱すると警告灯で知らせるので安心です。臨時の催事スペースや無線通信の圏外においては、ポータブルデータコレクタ(RTR-500DC)を利用して、記録データを収集・管理することもできます。

case_01_8.jpg

導入時の疑問を解消-他のワイヤレスとは干渉しませんか?-

空港内では様々な電波が使用されていますが、導入したシステムは特定小電力による無線通信で、他の無線通信システムとは干渉しませんでした。

導入前に通信関連部署との検討も実施しましたが、採用したRTR-500NW(有線LANタイプ)とRTR-502の間は、ARIB STD-T67(周波数:429MHz帯、RFパワー:10mW)で通信し、RTR-500NWで収集した計測データは、店舗内に設置したパソコンへ有線LAN経由で送るようにすることで干渉問題をクリアしました。

※同じ周波数の電波が周囲で使われている場合、まれに干渉することもありますが、チャンネルをずらすなどの方法により干渉を回避することもできます。

中継機による電波状況の安定供給

銘品館には様々な冷蔵ショーケース、冷蔵庫をはじめ各機器が設置されています。各機器から発生するノイズや来店のお客様がお持ちになっている電子機器等により、ワイヤレス通信の状況が悪くなることがあります。安定したワイヤレス通信による計測データの収集をするために、RTR-500Cを中継機として利用しています。RTR-500Cは、単4アルカリ電池を2本使用することで動作しますが、継続的に安定した電源供給をするためにオプションのACアダプタを利用しています。

※中継機と子機が近くにありますが、離れた場所のデータロガーに対する安定した無線通信を実現するために設置したものです。

case_01_6.jpg

導入後の効果

大規模な販売エリアでの商品の温度管理について、複数のグループに分けることでエリア毎のネットワーク管理ができるようになりました。また計測データはデジタルデータなので管理、分析・統計も取りやすくなりました。

警告灯による温度監視ですばやい対応が可能に!

RTR-500NWの外部接点出力端子に警告灯を接続することで、予め設定した温度範囲外を検知すると点灯します。画像上部には、RTR-500NWが設置され店舗内の各データロガーからデータをワイヤレスで収集します。下部には、接点出力により警告灯が点灯し温度異常を検知したことをスタッフにお知らせします。

case_01_9.jpg

離れた場所でも一括モニタリング!しかもグラフ表示で推移が把握できます

銘品館内に設置した複数台のRTR-500NWとネットワーク接続された管理用パソコンで、設置した各データロガーの現在値をモニタリングしています。

モニタリングは計測値だけでなく、バッテリーの残量も表示するので本体に搭載したリチウム電池の交換時期もわかります。また、各データロガーごとに計測された温度は、時系列にグラフでその変化を見ることができます。

温度異常が発生した時にメールを送信し、指定の携帯やパソコンに通知することもできます。メールは警報状態から正常値に復帰した際にも送信されるので管理の手間を省くことができます。

case_01_10.jpg
case_01_11.jpg

店舗やバックヤードに設置したデータロガーの一括モニタリングは、管理用パソコンで上のように『現在値モニタ』画面で表示されます。画面上の現在値や電池残量は一定間隔で自動更新され、右端の『グラフ』アイコンをクリックするとモニタリンググラフが開きます。

※上のサンプルは、温度と湿度を同時計測するデータロガー(RTR-503)での表示例を示しています。
※子機側で設定した上下限値を上回る(または下回る)場合、グラフの凡例マーカーが変化します。

case_01_12.gif

予め設定しておいた温度や湿度の上下限値をオーバーしたり、正常値に戻った場合に警報メールを送信し、パソコンや携帯でその警報内容を確認することができます。警報メールには、設置場所・計測時間や計測値が明記されているので、設置場所から離れた場所にいても状況確認することができます。

※携帯メールや外部へのメール送信には、インターネット接続環境が必要となります。