ニュースリリース

新製品

電力量測定用モジュールPMP-3200新登場!

掲載日: 2012年4月6日

news image

「節電」「省エネ」対策を低コストで実現


パルス検出モジュール PMP-3200は、取引用電力量計の電流パルス出力をCTで受け、 電圧パルスに変換する電力量計測用のモジュールです。
パルス数データロガー RTR-505-P/TR-55i-Pにパルス信号を出力し、時系列での消費電力量測定・記録を可能にするRTR-505-P/TR-55i-P専用オプションモジュールです。 特に、ワイヤレスデータロガーのRTR-505-Pを使えば、リアルタイムでの消費電力監視、遠隔地からのデータ監視も可能です。 また、一連の管理システムを構築しても、低コストで導入・実現できます。
「節電」「省エネ」対策の需要・関心が高まるなか、デマンド監視や消費電力削減ツールとして大きな効果を発揮します。

接続機種

製品イメージ図

news image

特長

計測装置は電源工事不要

計測用データロガー(RTR-505-P)と電力測定センサ(PMP-3200)は、電池で駆動することができます。データロガーやセンサへ外部から電源を供給する必要がないため、電源工事不要で取り付けが簡単です。省電力設計ですので、5分間隔でモニタ(無線通信)をしても、大容量バッテリを装着した場合で最長2年半連続使用可能です。

無線を利用したデータ収集で配線工事が不要

端末間の通信には特定小電力無線(429MHz)を利用しており、取引用電力メータから事務所までの配線工事は不要です。通信距離は見通しの良い直線で150m。障害物の影響などにより通信ができない場合は、端末間の通信を中継する装置(RTR-500C)を10台程度まで設置することができ、電波条件の悪い場所でも対応可能です。

警報機能

デマンドの目標値を設定して、ご指定のメールアドレス(最大4件)へ警報メールを送信することができます。
メール送信のタイミングは以下の通りです。
1)デマンドの目標値を越えた時
2)正常値に復帰した時
3)子機の電池残量が少なくなった時
4)通信異常が発生している時


RTR-500NW/AWは、メール送信の他、外部接点出力を備えており、パトランプなどの通報装置と連動させることも可能です。RTR-500Cは、画面上に警報を表示し、パソコンのスピーカーから警報音を鳴らすことができます。現在の電力使用量や推移状況は常時パソコン上でモニタできます。

温湿度、照度などの環境モニタリングも同一システム内で実現

パルス測定用RTR-505-Pと同じシリーズのデータロガーには、温度、温湿度、照度、直流電圧を測定できる機種がラインナップされております。デマンド監視とともに温湿度などの空間環境のモニタをあわせて行うことで、快適さと節電の両立を求めることができます。もちろん、倉庫や冷蔵庫などの温度管理業務もあわせて行うこともできます。工場などで各種センサから出力される1-5V、4-20mAなどのアナログ信号計測や、流量計や雨量計などから出力されるパルス信号出力の測定にも対応可能です。

RTR-500シリーズ製品ページへ

おんどとり Web Storage対応

測定データをおんどとり Web Storage宛に送れば、いつでも、世界のどこからでも、パソコンや携帯電話でデータの閲覧、モニタリングが可能です。

おんどとり Web Storageへ

低コストで導入、運用可能

工事費用が発生しないため、機器の購入費用(\55,440~)のみで導入になれます。既存のネットワークを利用して通信すれば、追加の運用コストも発生しません。

シーンに合わせて選択できるシステム形態

データ収集、監視用の親機は3種類から選択でき、運用方法に合わせたシステム構築が可能です。

USB接続タイプ「RTR-500C」を利用したシステム 最小導入コスト¥55,440(税込)
RTR-500Cを使用したシステム



有線LAN接続タイプ「RTR-500NW」を利用したシステム 最小導入コスト¥68,040(税込)
RTR-500NWを使用したシステム



無線LAN接続タイプ「RTR-500AW」を利用したシステム 最小導入コスト¥74,340(税込)
RTR-500AWを使用したシステム

標準価格

¥7,800 (税込 ¥8,190)

出荷開始

2012年4月6日(予定)

お問い合わせ

  • TEL 0263-40-0131
  • FAX 0263-40-3152

【窓口】 株式会社ティアンドデイ営業部 (お電話受付時間:月~金曜日(祝日除く)9:00-12:00/13:00-17:00