ニュースリリース

新製品

RTR-5シリーズに更に広温度範囲の測定・記録が可能なRTR-52Ptが登場!

掲載日: 2007年2月20日

news image

RTR-52Pt/RTR-52PtLは、従来のRTR-5シリーズの利便性はそのままに、-199.9~+600℃という広範囲の温度データを測定・記録する事が可能になりました。 また、従来のRTR-5シリーズのシステムではカバーできなかった温度帯も、ひとつのシステムで管理が可能になりました。

※写真はRTR-52Ptです。RTR-52PtLは、RTR-52Ptの大容量バッテリーパック搭載モデルです。

特長

測定可能な温度範囲が-199.9~+600℃

news image

RTR-52Ptはお手持ち、もしくは別売の3線式Pt100, Pt1000センサを接続する事により、従来のRTR-5シリーズでは対応できなかった温度帯を含む-199.9~+600℃の温度データを測定・記録できるようになりました。

無線通信にてデータの収集が可能

従来のRTR-5シリーズの子機と同じように無線通信で温度データの収集が可能です。無線通信を利用される場合は予め親機となるRTR-57U, RTR-5W, RTR-50に子機登録をする必要があります。
電波到達距離は見通し100mです。

無線通信対応親機

ハンディデータコレクタ無線通信タイプ ネットワーク接続対応無線通信ステーション ワイヤレスコミュニケーションポート

RTR-52Ptを使用するためには以下の準備が必要になります。

無線通信にてご使用される場合

光通信のみをご使用される場合

既にTR-50C/TR-57Uをご使用の場合はT&D Recorder for Windows Ver 1.81以降をダウンロードして再インストールする必要があります。

※TR-57Uの液晶画面上でグラフ表示を行う場合には、TR-57Uのファームウェアのバージョンアップが必要です。バージョンアップが必要なTR-57Uは、シリアルナンバー:000700 以前の製品です。

製品仕様

  RTR-52Pt
温度測定範囲 -199.9~+600℃(Pt100, 1000対応)
測定精度 ±0.3℃(-199.9~80℃)、±0.5℃(80~450℃)、±1.0℃(450~600℃)
(本体温度0~50℃に於いて、センサ精度含まず)
分解能 0.1℃
使用センサ 3線式白金測温抵抗体センサPt100, Pt1000
センサ電流 1mA/Pt100, 0.21mA/Pt1000
通信方式 特定小電力無線(ARIS STD-T67)通信距離:約100m
(見通しの良い直線距離に於いて) ・光通信
本体動作環境 温度:-30~80℃*1
防水性能 IP64(生活防水)*2
電源 リチウム電池(ER3V M)1本(CR2使用可能)
電池寿命 約6ヶ月 / Lシリーズ約2年6ヶ月*3
(記録間隔5秒以上に於いて)
本体寸法 H62×W47×D19mm(アンテナ長:約20mm)
LシリーズH62×W47×D46.5mm(アンテナ長:約20mm)
本体質量 約56g / Lシリーズ約109g(電池1個含む・センサ等含まず)
付属品 取扱説明書、センサアダプタ(RTR05P1)1本、リチウム電池 、ゴムパッキン、ネジ、シリカゲル

*1 本体の耐熱温度は-40~80℃ですが、-30℃以下では無線通信が利用できません。

*2 防水性能はセンサアダプタのコネクタを差し込んだ状態でIP64です。センサアダプタには防水性能はありません。

*3 電池寿命は、測定環境、使用電池の性質、通信頻度により異なります。

標準価格

RTR-52Pt: ¥18,800 (税込¥19,740)
RTR-52PtL: ¥21,800 (税込¥22,890)

※RTR-576-Hは、高精度・広範囲の温湿度測定に対応したセンサ(HHA-3151)が付属しています。

発売開始

2007年3月23日

お問い合わせ

  • TEL 0263-40-0131
  • FAX 0263-40-3152

【窓口】 株式会社ティアンドデイ営業部 (お電話受付時間:月~金曜日(祝日除く)9:00-12:00/13:00-17:00